散策

休日ひたすら家にこもっていたら鬱病確定なので散歩へ

 


地図上の下からGamla Stanを縦断して北上、ストックホルム中央駅まで散歩

このガムラスタン、ストックホルムの旧市街地で魔女の宅急便のモデルになった場所だったりします。







南側から撮影


撮影ポイントをガムラスタンから見るとこんな感じ

たしかにオサレなんですがね・・・



下は硬い石畳なうえに





アップダウンが強烈・・・
(スーツケース持っていたら絶望

さすが、子育てに世界一やさしいスウェーデンだけあって、こんな階段でもよく見るとベビーカー用のレールがついているんです(手すり右側)。

でも、この階段ベビーカーって危ないし、そもそも無理じゃないですか??

 

んで、ようやくガムラスタン到着



とにかく道が狭い

 


白黒写真が妙に似合います


洞窟風の通り道が至る所に





IKEAやスーパーでも色々なイルミネーションが売っていましたが、こちらのショップは別格でした。値段に関しても



どのお店もショーウィンドウのこだわりが凄いです。


Riksdagshuset(国会議事堂)
ガイドツアーで中を見ることもできるそうです。


それより門の上にある彫刻のほうが気になりました


んで、その国会議事堂の周りのお堀なんですけど、釣りをしている人たちがいるんですよね。釣れるんでしょうか・・・

ということで、特に金を払って施設に入ったりしなくても雰囲気だけで色々楽しめました。この辺はの感覚は旅行で限られた期間で来ることに比べると非常にゆとりがあります。

 

とりあえず、観光で来る際はスーツケースでの移動はやめたほうがいいと思います

サーモン

北欧の代表的な魚の一つにサーモンがありますが
生で食べることは非常に敷居が高いです
(詳細はこちらのサイト

スーパーで売っているサーモンはほとんど加熱前提となっています
刺身用の魚がスーパーで山ほど売っているのは多分日本だけです

一方、Sushi(寿司じゃないですよ~)は流行っていて結構いろんなところで見かけます。ただ、高い。え?これでこの値段?詐欺??っていうレベル。しかもネタは基本的にサーモンとアボガドのみ。

本日は貴重な生食可能なサーモンを購入


これで約80SEK、1100円程度 高いよorz…

左上にノルウェー産と記載(スウェーデンではありません)
左下にSUSHI GRADEと記載(ちょっとカッコいい)

 

すし酢はこれまたあほみたいに高いのでビネガーを使って自作


米二合に対して酢50ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1


木製のお櫃があれば水分も吸ってくれてベストなんでしょうけど、そんなものは存在するわけもないので、IKEAのトレイで代用。
しゃもじもないのでフライ返しで代用。
うちわ?? まな板で代用(手が痺れた)。


こっちのワサビは大変残念クオリティと聞いていたので日本からぬかりなく持ち込み。


「海外の包丁は残念クオリティだから、日本から持ち込んだほうがいい」と書いてあるブログが散見されるのですが、こちらの包丁で特に問題なく切断可能。
日本もそうですが、刃物なんて値段相応では?


完成、サーモンはこれで半分消費。
つまり、家でサーモン丼二人前作るのに1000円以上かかかる恐怖
(まあ、外でSushi食べたら一人1500円ほどしますがね

味は非常においしかったです

プレミアムフライデー

基本的に仕事時間に関しては up to you (君次第だ)とボスから言われております。

 

ということで今日はとっとと帰りました (`・ω・´)+ドヤァ

 

理由は二つありまして
・だんだん日が沈むのが早くなってきたから太陽の光を浴びたい
酒を買いたい

スウェーデンでは3.5%を超えるアルコール飲料は決められた場所・曜日・時間にしか買えないんですよ(飲酒に対する制限が世界的に見ても厳しい)。

だからスーパーで買えるのは低アルコール版のビールのみ

ワインは買えないんです

しかも、直接商品に触ることはできず、店員に番号を伝えて、店員が酒瓶を持ってくるという謎仕様。

日本から持ち込んだアルコールは梅酒一本のみだったので料理酒がない。
みりんとかもすべて白ワインで代用しようとしてもなかなか買えなかったのです。(だから今日とっとと帰ったのも仕方がないことなのです

ということで赤一本、白一本購入(赤130SEK、白80SEKほど。ワインの値段は比較的安いらしいです)

ついでにプレミアムフライデー(自己設定)を満喫

そのうち見られなくなる太陽


とにかくオサレ


謎の浮遊物


スウェーデンにかかれば地下鉄もこの通り

ホームの電灯までオサレ

 

ということで金曜日を満喫

 

 

ちなみに日本の医者も勤務時間はup to youです。

 

 

 

 

ものすごく悪い意味で
(労働基準法?法定労働時間?何ソレ?食べ物?)

 

 

キノコ

今日はキノコを買ってみました(秋だからね)

海外の学会に行ってお土産買いにスーパーに行くと、よくわからん食材があって興味はあったのですが、学会出張中に買ってもどうしようもないので基本スルーでした。現在は特に気にせず買うことができる立場になりました。


ホワイトマッシュルーム(なぜか海外で売っているモノは異常に大きい)
一個わずか18円ほど(32SEK/kg)


謎のキノコ(今が旬らしいです)
240SEK/kgで、マッシュルームよりずっと高い(写真で100g)


深いこと考えずにフライパンにin。
味付けは塩・胡椒・醤油・バターのみ


完成♪ (謎のキノコがウニのように見える不思議)


明日の弁当+作り置き一食分

 

 

 

 

 

本当、何しにスウェーデンに来たのでしょうか?
(答:研究です)

野菜スープ再び

腐るともったいないので、先日の野菜スープを消費

さすがに飽きた

ガイダンス

ほら、新入社員とか集めて色々と教育するアレ、あるじゃないですか

今日は丸々一日それですよ

日本語でも苦痛なのに、一日ぶっ通しで英語ガイダンス
しかもグループディスカッションのおまけつき(当然英語)

ひたすら微笑み続ける地蔵モードで顔が引きつった
スウェーデンのいいところを挙げろってお題で、みんな”polite” “equlity” “welfare”とか真面目な会話をする中、私は一言


“meat ball”(堂々と)。

ものすごい疲れたorz…

ただ、やっぱり福利厚生はすごいですね

健康のために施設内にジムがあるのは当然。
(さすがにプールはないけどね、HAHAHAとか言ってた)
個人的にジムに通っても年間一定金額までは補助されるという優遇っぷり。

まあ、三日坊主常習犯の私にとってはあまり関係ないんですけどね

 

orz…

遅めの帰宅

今日は同僚とのディスカッションが盛り上がった(注:日本語)ので外が真っ暗です

職場(の隣)の建物も当社比3倍ぐらいオサレ

通勤バスはとっくに終わっているのでバス→電車で帰宅。

途中の駅にある建物もオサレ

 

と、ここまではいいんですけど、この時間(20時ごろ)となると、もう食べるところなんかしまっているわけで(空いているところもあるのかもしれませんが、まだよく把握していない)、必然的に自炊→遅くて作る気もない

結果:昨日と完全にオナ

 

※健康たっぷり野菜スープも、飽きました
※桃屋の食べるラー油が一番おいしかった

コンソメスープ

相変わらず自炊ブログと化しています

キャベツが余って仕方ないので、スープとして投入

味の素のコンソメスープの素が大活躍

スープだけだと健康的すぎるので、ジャンキー成分を補充

ついでにヨーグルト+ジャムを購入

おっさんの写真が印象的

週末なので

一発芸

円卓の騎士

要約:飲みすぎた orz…

料理

ようやく環境が整ってきたので、少し自炊

といっても、材料いためて、万能調味料めんつゆをかけただけ

みりん持ってくればよかった(;・∀・)

洗濯機を回してみたけど、異常に長い

通常設定だと三時間ほど

何かの間違いかと思った

どうやら、硬水なので、海外は全般的に長いとのこと

とりあえず、あまり汚れていないものはquickモードで