土日の過ごし方

・フィヨルドクルーズを検索

・欧州の鉄道にいかに安く乗るか検索

・地中海クルーズを検索

・スウェーデンのスキー場を検索

・ひたすらgoogle

 

 

すごく充実していました

 

諸聖人の日

スウェーデンにおいて10/31-11/6の間の土曜日は「諸聖人の日」と言ってお墓に魂がかえってくるとされています(日本でいうお盆)

墓地がろうそくでライトアップされてそれはそれは美しいそうです

 

という情報を、11/3土曜日の18時に同僚より教えていただきました

 

 

もっと早く教えてよorz…

 

一眼レフはアパートに置きっぱなしなので(さすがに普段から持ち歩かない)、そんなときのためのコンデジを携え、行ってきました。

行ってきたのは、研究室から南に10kmの墓地「森の墓地」(世界遺産)。
ちなみに実験が21時半までかかり、到着は22時半ごろでした

 

 

 

凄かった

 

 

 

本当に凄かった

 

 

 

 

ちょっと写真と言葉では伝えきれないです

永遠と続くろうそく

木の根元にも無数のろうそく





とにかく、無数のろうそく

 

 

誰が片付けるのでしょうか??

 

 

こちらは研究所の近くの墓地



 

 

故人を偲ぶという趣旨もあるので、墓地全体が厳粛な雰囲気に包まれていて

単なるイルミネーションとは一線を画しています

 

 

夢中になりすぎて、気が付けば午前0時過ぎ

周りに人はいっぱいいるのですが、皆さん車でいらっしゃっている

 

一方、わたくしは

・当然車なんてない

・アパートまで直線距離で15km

・市内から外れているので、周りは真っ暗

・日本と違って、空港とかホテルでないとそう簡単にタクシーに乗れない

・帰りのルートは覚えてきたが、こんな時間に電車とかバスとか動いているか不明

・プリペイド式のSIMが期限切れでネット環境なし

野宿ってレベルの気温じゃない(すでに手の感覚ない)

 

 

 

あれ?詰んだ??

 

 

 

とにかく、よくわからないまま電車に飛び乗り(すでに30分間隔)

全く人気のない駅で降りて、バス停を探して回り

明らかにヤバそうな顔のおっさんにタバコの火を貸してくれ(想像)と(おそらく)スウェーデン語で絡まれ

道路を挟んで反対側に(おそらく目的と思われる)バスを発見、信号無視して全力疾走

奇跡的に最終バスに乗れたと後に判明
(次のバスは午前6時台だった)

 

 

 

午前一時半にアパート到着

 

 

よかった

 

 

本当によかった

 

 

サーモン

自炊の肉比率が高いのでサーモン購入


生で食べてはいけないタイプ
LAX=鮭

これでマリネを作るのはありなのでしょうか??
(安全面で)



三分割してクリーム煮を作成

フライパンの蓋がないので、鍋蓋で代用

鮭が非常に分厚いので、中まで火が通らず(蓋が中途半端なことも影響か・・・)

結局バラバラに分解

 

自炊して弁当作らないと、昼ご飯で100SEK(1300円)は消えていくので必死です

スウェーデン到着後の手続き2

Residence Permit到着

職場から戻ったら普通に郵便受けに入っていました。

次のミッションは税務署(Swedish Tax Agency/Skatteverket)でpersonal numberの取得です

ホームページから申込書を作成。
言語は英語を設定して、”Moving to Sweden”を選択
(“Apply for an identity card”ではないことに注意)

予約なしで行ってもいいようですが、とても待つ可能性があるので、移民局と同じくネットで予約、最短で11/6(一週間後)。移民局ほど先にはならなかったです。

 

【全体的な流れ】

  1. VISA申請
  2. 大使館から判断が下りたとメールが来る
  3. 郵送で書類が届く
  4. スウェーデンに移動、入国審査(一般的な海外旅行と一緒)
  5. 移民局(Swedish Migration Agency)の予約(日本にいるうちに予約が良い??)
  6. 移民局でResident Permit申請
  7. 7-10営業日でResident Permit cardが郵送 ←今ここ
  8. 税務署でパーソナルナンバー申請
  9. 税務署でID card申請
  10. 税務署でID card受け取り

気が早いよ

 

昨日に引き続き繰り返しますが

 

 

まだ10月です

 

 

スウェーデン(北欧全般?)では、

クリスマスに対する意気込みが凄いです

 



 

本日の朝の光景


 

これが10月かっ!!

 

 

こちらはアパートからの眺め


 

本当に 本当に この先が不安です

スウェーデン到着後の手続き1

スウェーデンに到着してまずしなければならないことは

“Residence Permit(居住許可)” を手に入れること(今後出てくるパーソナルナンバーとは異なります)

9/29 スウェーデン到着後、職場でネット環境が整い次第(10/1)移民局(Swedish Migration Agency)の予約をとって、とれたのが10/23(三週間まち)

これでも早いらしいです

VISA申請の時からそうですが、ヨーロッパは移民問題でいろいろな事務手続きが大変混雑しているようです。

ちなみに、知人はストックホルムでは予約が取れなくて、ストックホルムの北70km、Uppsalaまで行く羽目になったそうです


↑こんな場所

ちなみに、一定の範囲だと交通料金が一緒なスウェーデンでは、バス一駅でもウプサラまで行っても同じ値段。

なお、ウプサラまでいくと

英語が通じずスウェーデン語縛りになる可能性があるそうな
(危ないところだった・・・)

 

私の場合はこちら(Sturegatan 15, 172 31 Sundbyberg)。最近移転したそうです。

職場からバスで20分ほど

すっごい混んでいました。人人人・・・(200-300人?かなり適当です)

ちゃんと子供が遊ぶスペースがあるあたり、さすがスウェーデンだなと思いました。

私は予約があったおかげか待ち時間10分でした
(三週間予約待ちしなくても、長時間待つ覚悟があれば対応してもらえるのかもしれません。保証はしませんが。)

手続きはわずか5分

・パスポート渡して
・住所伝えて
・身長伝えて
・写真と指紋とって

終了

あとは7-10営業日でResidence Permit Cardが届くそうです。

拍子抜けするほどあっさり

VISA下りた時のメールが必要とか、現在の勤務先との雇用契約書が必要とか書かれているサイトもありましたが、わたくしの場合は必要ありませんでした。

 

とりあえず家族が来るときはもっと早くに予約を取るようにします。

 

【全体的な流れ】

  1. VISA申請
  2. 大使館から判断が下りたとメールが来る
  3. 郵送で書類が届く
  4. スウェーデンに移動、入国審査(一般的な海外旅行と一緒)
  5. 移民局(Swedish Migration Agency)の予約(日本にいるうちに予約が良い??)
  6. 移民局でResident Permit申請 ←今ここ
  7. 7-10営業日でResident Permit cardが郵送
  8. 税務署でパーソナルナンバー申請
  9. 税務署でID card申請
  10. 税務署でID card受け取り

寒い・・・

 

まだ十月なのに霜ですか・・・
(なお、水が氷になるには0度以下になる必要があるそうな)

 

いや、外が寒いのはいいんですよ、覚悟していましたし

 

ただね、家の中がそんなに暖かくない

 

 

もっと暖かい部屋を期待していたんですよ
(外は寒いけど部屋の中はむしろ暑くて、半袖とか噂を聞いていたし)


雪国常備(と勝手に思っている)これも


なぜか部屋の外に設置
(写真はエレベーターホール)

 

いや、部屋の中(特に窓の下)に設置しようよ

 

 

わけがわからないよ(by QB)

 

 


唯一暖房器具と思われる物体(UFO??)

これが、各部屋にあるのだが、

 

涼しい風しか出てこない

 


温度調整とおぼしきアイテムを回しても、相変わらず涼しい風しか出てこない

 

スウェーデン人にとっては寒くないと??
(ダイアルをよく見ると、基準温度からのプラスマイナスのみで、設定温度が書いているわけではない。つまり、アパート共通の基準温度が非常に低く設定されていると推察

 

いや、確かに極寒の外から戻ってくると、部屋に温もりを感じるんですけど

慣れてくると、「暖かい部屋」とはいいがたいような
(足元からいい感じに冷えてくるし・・・)

 


あきらめて追加の暖房器具を購入

いずれ記事にしますが、スウェーデンは住宅難なので、今住んでいるところも一年で追い出されるため、極力身軽でいたいんですよね(余計な家具を増やしたくない)。


そのため、5kg程度のコンパクトサイズをとりあえず選択。


足元を温める戦略に

 

まだ10月なんですけど・・・

 

今後が非常に不安です

 

散策

休日ひたすら家にこもっていたら鬱病確定なので散歩へ

 


地図上の下からGamla Stanを縦断して北上、ストックホルム中央駅まで散歩

このガムラスタン、ストックホルムの旧市街地で魔女の宅急便のモデルになった場所だったりします。







南側から撮影


撮影ポイントをガムラスタンから見るとこんな感じ

たしかにオサレなんですがね・・・



下は硬い石畳なうえに





アップダウンが強烈・・・
(スーツケース持っていたら絶望

さすが、子育てに世界一やさしいスウェーデンだけあって、こんな階段でもよく見るとベビーカー用のレールがついているんです(手すり右側)。

でも、この階段ベビーカーって危ないし、そもそも無理じゃないですか??

 

んで、ようやくガムラスタン到着



とにかく道が狭い

 


白黒写真が妙に似合います


洞窟風の通り道が至る所に





IKEAやスーパーでも色々なイルミネーションが売っていましたが、こちらのショップは別格でした。値段に関しても



どのお店もショーウィンドウのこだわりが凄いです。


Riksdagshuset(国会議事堂)
ガイドツアーで中を見ることもできるそうです。


それより門の上にある彫刻のほうが気になりました


んで、その国会議事堂の周りのお堀なんですけど、釣りをしている人たちがいるんですよね。釣れるんでしょうか・・・

ということで、特に金を払って施設に入ったりしなくても雰囲気だけで色々楽しめました。この辺はの感覚は旅行で限られた期間で来ることに比べると非常にゆとりがあります。

 

とりあえず、観光で来る際はスーツケースでの移動はやめたほうがいいと思います

サーモン

北欧の代表的な魚の一つにサーモンがありますが
生で食べることは非常に敷居が高いです
(詳細はこちらのサイト

スーパーで売っているサーモンはほとんど加熱前提となっています
刺身用の魚がスーパーで山ほど売っているのは多分日本だけです

一方、Sushi(寿司じゃないですよ~)は流行っていて結構いろんなところで見かけます。ただ、高い。え?これでこの値段?詐欺??っていうレベル。しかもネタは基本的にサーモンとアボガドのみ。

本日は貴重な生食可能なサーモンを購入


これで約80SEK、1100円程度 高いよorz…

左上にノルウェー産と記載(スウェーデンではありません)
左下にSUSHI GRADEと記載(ちょっとカッコいい)

 

すし酢はこれまたあほみたいに高いのでビネガーを使って自作


米二合に対して酢50ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1


木製のお櫃があれば水分も吸ってくれてベストなんでしょうけど、そんなものは存在するわけもないので、IKEAのトレイで代用。
しゃもじもないのでフライ返しで代用。
うちわ?? まな板で代用(手が痺れた)。


こっちのワサビは大変残念クオリティと聞いていたので日本からぬかりなく持ち込み。


「海外の包丁は残念クオリティだから、日本から持ち込んだほうがいい」と書いてあるブログが散見されるのですが、こちらの包丁で特に問題なく切断可能。
日本もそうですが、刃物なんて値段相応では?


完成、サーモンはこれで半分消費。
つまり、家でサーモン丼二人前作るのに1000円以上かかかる恐怖
(まあ、外でSushi食べたら一人1500円ほどしますがね

味は非常においしかったです